セルフケアでニキビを防ごう!

あらゆる化粧品

ニキビを多発化させないために必要なスキンケア。正しい方法で行なえていますか?
洗顔の時に、ごしごしと強く顔を洗っていると肌が余計に荒れてしまいます。また睡眠不足は、体調に悪影響を及ぼすだけでなく肌トラブルにも直結します。

日々の生活を改善するだけで、ニキビを未然に防ぐことは誰にでも可能です。
「自分でもカンタンに実践できそうだな」と感じる方法から、日常生活に取り入れていきましょう!

◆睡眠不足を解消

睡眠は、三大欲求にも入るほど人間にとって大切なんです。肌は睡眠中に活発に細胞分裂を行ないます。
ニキビで荒れてしまった肌を健やかな状態に取り戻すためには、睡眠は欠かせないのです。毎日決まった時間帯に寝ると、体内時計が整っていきます。
オススメの睡眠時間は22~深夜2時の間です。ゴールデンタイムとも呼ばれている時間帯で、美肌を手に入れたい方が実践している手法です。
遅くても0時までにはベッドに入って、入眠体制を整えておきましょう。

◆洗顔は優しく!

顔の余計な油分が気になり、洗顔時に強く顔をこすっていませんか?確かに汚れを取り除くのは大切ですが、ごしごしと肌を傷つけながら洗うのはNGです。
また、1日に2回以上洗顔をするのも肌が荒れる原因です。
顔や体を洗う時はたっぷりと泡を立てて、さする程度に抑えて優しく洗ってあげましょう。

◆ニキビは食べ物の影響を受ける

「毎日洗顔しているのにまったく治らない」という方は、食生活を見直す必要があるかもしれません。
ニキビができやすいタイプの方に、最適の食べ物を紹介します。

・たんぱく質
肉や魚、卵、大豆製品、牛乳
・ビタミンB2
納豆、レバー、焼き海苔
・ビタミンB6
マグロ、カツオ、鮭、バナナ
・食物繊維
穀物、イモ類、豆類、野菜、果物、海藻

以前まではチョコレートやケーキ、油っこい食べ物はニキビができやすいと言われていました。しかし現代のデータでは、そうとも言い切れないことが発覚しています。
しかしどの食べ物も、食べすぎは禁物です。
糖分や動物性脂肪性の多い食べ物は、皮脂の成分(トリグリセリド)を増やす可能性もあります。
皮脂の過剰分泌に悩んでいる方は、控えめにしておきましょう。