ニキビの発端!マイクロコメドって?

スキンケアを気にする

「ニキビがまったく良くならない」「毎日洗顔しているのに」という悩みを抱えている人は、多いですよね。
ニキビ治療をする前に、マイクロコメドの事を知っておかなければ肌トラブルを繰り返します。

ニキビの始まりと言われているのが、マイクロコメドです。
炎症している赤ニキビや黄ニキビの周りにあるマイクロコメドは、第二のニキビ候補になり得るんです。
肉眼では分かりづらいため、放置している人がほとんど。肌トラブルへとつながる前に、早めに気づいて皮膚科やクリニックで治療しましょう。

●肌を触ってマイクロコメドを日々チェック!

マイクロコメドは白ニキビや黒ニキビ、面ぽうとも呼ばれています。初期レベルのニキビで、皮脂がつまっている状態です。
3mm以下のものだとそのまま消失するケースもありますが、3mm以上は皮脂が溜まりすぎて自然治癒ができません。

皮脂が酸化した黒ニキビだと発見しやすいですが、白ニキビの状態だと直接肌を触らないと発見しづらいんです。
マイクロコメドは軽度のニキビですが、放置すると炎症性のある赤ニキビや膿を含んだ黄ニキビに進行します。
自分の身体で、ニキビができやすい箇所を日々チェックしておきましょう。

●皮膚科で治療可能です

従来のニキビ治療は、炎症性のあるものしか治療できませんでした。しかし医療が進歩してからは、マイクロコメドも病院やクリニックで治療が可能に。
病院の皮膚科やクリニックで治療方法が違います。

・皮膚科
皮膚科では、面ぽう治療薬が用いられます。殺菌作用があり、長く使っても薬剤耐性の心配はないと言われています。
・美容クリニック
クリニックでは、吸入管を使用してマイクロコメドの中にある皮脂を吸い出します。皮脂や角栓を取り除くことで、ニキビを未然に防ぎます。